その不眠症はお口が原因かも?


「なかなか眠れない」「眠りが浅い」「夜中に目が覚めてしまい、眠れなくなる」といった不眠に悩まされている人は多く、 もはや現代病と言っても過言ではありません。
その原因は、肉体的・精神的なストレスによるものが多いと言われていますが、 お口のトラブルが原因で不眠症になることも意外とあるようです。



不眠の原因となるお口のトラブル


【ドライマウス】

ドライマウスは、だ液の分泌量が低下することで起こりますが、だ液の分泌には、2種類の自律神経が深く関わっています。
一つは、主に活動する際に働く交感神経。もう一つは、休む際に働く副交感神経です。 この二つがバランスよく働く事により、 リズムのいい生活が送れるのです。交感神経が働いている時のだ液は、粘り気が強く少量なのに対し、 副交感神経が働いている時のだ液は、粘り気が少なく量も大量です。 つまり、ドライマウスになるということは、睡眠時に働くべき副交感神経がうまく働かず、お口の中が乾いてしまうからなのです。 この自律神経の乱れが睡眠障害の原因にもなります。だ液がたっぷり出るように、夕飯時に噛み応えのあるものを加えて、 ゆっくり噛んで食べるのも睡眠改善の一方法です。



【噛み合せが悪い】

噛み合わせが悪いと、さまざまな体調不良の原因となります。歯は全ての臓器や骨格と密接に関連しているので、 心身のあらゆる疾患につながってしまう可能性があるのです。もちろん不眠にもつながります。 不眠治療を受けても、なかなか治らないという方は、一度噛み合わせを検査してもらう事が必要かもしれません。



【顎関節症(がくかんせつしょう)かも?】

顎関節症の方は顎の周りの筋肉が緊張しているため、 その緊張が首や肩、背中や腕の筋肉にまで伝わり、 自律神経が乱れて不眠症になる事があります。また、噛む時の衝撃は脳にまで達っするため、 ゆがんだ顎のまま噛み続ける事により、 少しずつ脳に緊張が生まれて不眠症になる事もあるようです。


     

Copyright (C) DENTAL PRO STAFF Co.,Ltd. All Rights Reserved.