喫煙がお口に及ぼすコワ~イ影響


歯周病になってしまう最大の原因は「喫煙」であることをご存知ですか?
タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は 200種類を超えると言われています。喫煙者は、口臭や歯にヤニがついて汚く見えるだけでなく、 歯周病やむし歯にかかりやすく悪化しやすいので、非喫煙者に比べ、治療しても治りにくくなる ことがわかっています。



     

Copyright (C) DENTAL PRO STAFF Co.,Ltd. All Rights Reserved.