logo アクア歯科クリニック
24時間オンライン予約お問い合わせ TEL 048-793-7762
アクア歯科クリニック > 特殊な入れ歯
クリニック情報
TEL:048-793-7762

診療時間
【平日】 9:30〜13:00
14:30〜19:00
【土】 9:30〜13:00
14:30〜17:00
休診日 水・日・祝日

当院へのアクセスはこちら!
24時間オンライン予約
クリニックTOP
院長紹介
スタッフ紹介
診療時間・Dr出勤表
アクセス
クリニックのご案内
院内ツアー
痛みがない治療のために
患者様の声
診療科目
スタッフ体験レポート
審美歯科
ホワイトニング
矯正
特殊な入れ歯
シンラシステム
妊娠・授乳中の歯科治療
いびき治療
症例集
メディア掲載
AQUAブログ
リクルート
イベント情報
リンク集
デンタルコスチューム バルプラスト(特殊な入れ歯)
  症例集はこちらから 
装着例 弾力性抜群 バルプラスト製作例
装着例
装着例
弾力性抜群
弾力性抜群
バルプラスト製作例
バルプラスト製作例
デンタルコスチューム バルプラスト バネ式の入れ歯
 見た目
金属を使用していないので境目が目立たない
金属のバネがあるので境目が目立つ
 フィット感
歯茎にジャストフィット、違和感がない
違和感がある
 強さ
弾力性の高い材質により破折に強い
破折に弱い
 重さ・厚さ
従来の入れ歯の1/2の重さ
スーパーポリアミド製なので薄い仕上がり
重い、厚ぼったい
 バネによる歯の負担
金属のバネが無いので残った歯の負担が軽い
金属バネの負担により残った歯を傷めやすい
 食べ物
お餅やガムがくっつかない
お餅やガムがくっついてしまう
 アレルギー
金属アレルギーの心配なし
金属アレルギーの方は注意が必要
バルプラストQ&A
素材は何でできているのか?
スーパーポリアミドという素材でできています。あまり聞きなれない物ですが、わかりやすく言うと、ナイロンの一種であります。
また、ナイロンということですので、破折に対する心配はほとんどありません。米国バルプラスト杜では破折に関して永久保証しております。
どのようなケースができますか?
基本的には従来のパーシャルデンチャーができるものでしたら、すべて可能です。またレジン床・金属床ができないものでも、症例によっては可能なものもあります。理由は、鈎歯だけでなく他の残存歯すべてのアンダーカットを利用できるからです。また、骨隆のアンダーカットも利用することができます。鈎歯の設計においても4面すべてのアンダーカットを利用できる事も、バルプラスト義歯の大きな特徴の一つであります。
片則処理可能な欠損数
残存歯のアンダーカットにもよりますが、基木的には3歯欠損までです。また4歯以上の欠損に対して依頼があった場合は、「保証はできません。」と付け加えた上で、バルプラストの設計等を説明していただきます。例えば、4-7の欠損の場合、123まで唇側面のクラスプを延ばす可能性があります。バルプラストの特性上、クラスプが長くなるにつれて、把持力が弱くなるのと、回転防止の為、頬舌を結ぶリングをつける事も、説明してください。
増歯・リベース・修理は可能なのか?
可能ですが、ただしチェアサイドでの技工操作はできません。現状ではバルプラストと接合する素材がないためです。方法としては、増歯・リベースの為の新たな印象をとっていただき、模型上でのWAXUP、専用のリペア液を使用して再キャストします。正確にはリベースではなくリライニング(改床法)になります。
レストはつけないのか?
すべての症例にレストをつけないのではありません。ケースバイケースで少数歯欠損の中間義歯においてフレキシブルな動きがないもの、また下顎骨隆起のあるものに対しては完全に沈下防止の為、舌側口頭を被覆するといった方法もあります。バルプラストはレストがないのではなく、設計においてフィニッシングラインを臼歯部は最大豊隆部より上部に、前歯部は基底結節部より上部に設定することにより、レストの役割を果たしています。
総義歯について
基本的には製作することはできますが、やはりパーシャルデンチャーに比べると、メリットは少ないように思われます。長所としては、薄く・軽くできること破折の心配がないことです。短所としては、即重レジンなどがつかない為、後の後縁封鎖の作業が困難であることです。
特殊の例として、大きな骨隆があって従来のレジン床が製作不能な場合においてでも、バルプラストは骨隆を利用した設計を用いて、充分な維持を発揮することがあります。
金属床との併用について
特に問題はありません。金属床の設計が若干異なります。
調整について
内面調整については、ペーパーコーンで削除した後に、ビックポイントもしくはシリコンポイントの茶で表面が滑らかになり、若干のツヤがでます。表面の調整については、再研磨が必要となりますので、専用の砂・トリポリ・艶出しが必要になります。通常ドクターサイドでは、表面の調整は必要ないかと思われます。
印象採得について
圧のかからない印象で、アルギン酸系の印象剤でスナップ印象を採るような方法で結構です。また各個トレーにて採得する場合においても、トレー辺縁はぎん頬移行部より2mm〜5mm上に設定してください。また、鈎歯になる歯の歯肉部まで印象採得してください。
患者さんのメンテナンスについて
やわらかいブラシで、汚れを落とした後に専用の洗浄剤を使用してください。洗浄剤の使用説明については、毎回納品時に説明書をつけておりますので、そちらを参照してください。なお、洗浄剤は植物性の素材でできております。
コンフォート
詳しくはこちらから
無料メール相談 お口の中の健康について相談できます